高校を勉強に費やした僕が大学に入るまで

高校生の僕はひたすら勉強しまくった。

ガリ勉ガリ勉 で、休み時間みんな勉強なんてしてないのに

自分だけ勉強していました。

 

当時の僕は目標が欲しかった。

なにかに集中して取り組めるものが欲しかった。

テスト勉強をしっかりやってた僕は

テストの点数が学年でトップをとってたこともあった。

 

そんな自分でしたが、大学受験となると

結果は大惨敗、滑り止めでさえ受かりませんでした。

 

なぜトップをとってた人が滑り止めでさえ受からなかったのかというと

その高校は、スポーツがさかんな学校で、

何も勉強していない人が大半を占めていました。

つまり、圧倒的に勉強量さえこなしていれば

余裕で上位に入れる高校でした。

それと比べて大学受験は全国の高校生との勝負だったのですが、

並みの高校生に負けていたのです。

 

完全に井の中の蛙でした。

なのに、その頃の僕は

「高校でいい成績を残しているから、センターでも必ずいい成績がとれるんだ」

という謎の自信に満ち足りていました。

 

結局、大学受験で惨敗して

受かるところがなかったので

僕は浪人することに決めました。

「まだまだ努力が足りないんだ!」

 

そう思っていた僕は

浪人の一年間をほぼ勉強につぎ込むことにしました。

 

第一志望も少し目標を低くして私立大学の東京理科大学を目指しました。

理科大を目指し、机に向かう日々

とにかく量、量、量をこなした。

 

試験当日の出来もよかった。

しかし結果は非情にも不合格だった。

 

 センターで滑り止めは受かったので

もう浪人できなかった僕は、その大学に入学することになりました。

 

今度はきちんと努力した。

テストの感触もよかった。

それなのになんで・・・

そのときは本当に落ち込みました・・・

 「ああ僕は何をやってもだめなんだな・・・」

自分なんて友達もできない、勉強もできない

バスケも何も努力が実ったことがない。

実力がない人間なんだ

 

唯一自信のあった勉強でも、

満足のいく結果はでなかった。

そのせいで僕は、完全に自分のことに自信をつけることができなくなりました。

何もできない   完全に自信をなくしてました。

そういった僕は目指す目標がなにもなくなり

大学にいってもただ授業を聞くだけの

燃え尽き症候群になってました。

のめりこめるものもなにもなく、 ただただ日々を惰性にいきていく事になります。

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*