何も知らなくていい

画像作成用

 僕は何も知りませんでした。

世の中の仕組み

仕事

経済

健康

 

今では勉強してそこそこの知識はついてるものの

知らないことなんてまだまだたくさんあります。

 

まだまだ若いんだから

健康なんて気にしても

意味ねー

と思っていましたし、

 

何も知らないから 会社に入って、

給料をもらい、 普通の生活を送って生きていくものだと思っていました。  

 

普通の生活を歩むことが自分にとっての幸せ。

 

 

今思えば、普通ってなんだ。

世間一般と同じ生き方をするのが幸せなのかって思うのですが。  

 

大学に行っても知る機会はありませんでした。

学んできたことといえば

車のエンジンの仕組みとか

 

さらに、大学の講義は惰性で受けていたので

身になって覚えた知識なんてほぼゼロに近いです。

 

覚える気がないとすぐ忘れてしまいます。

ちなみに覚えるためにはアウトプットが必要です。

 

だから、勉強してないから引け目を感じたり、 コンプレックスになる必要はありません。

みんな学校で学んだ知識なんて覚えてないほうがおおいのですから。    

それに、知識不足は悪いことだけではありません。

むしろ知識がないほうがいいところもあります。

それはリスクを考えないことです。

 

 知識を得るといい所、悪い所を知ることができる。

悪い所を知りすぎると、チャレンジ精神がなくなってしまいます。  

 

心理学の実験で、得られるものより、失うものの恐怖のほうが強い傾向にあることがわかっています。

 

仮に自分が会社員だとして

急に会社をやめて、 ネットビジネスの世界に入って

大金を得られるメリットより

 

やめてお金が得られなくなる恐怖のほうが強いですよね?

 

リスクを恐れると新しいことにチャレンジできなくなります。

 

新しいことにチャレンジしなくなると、

自分の変化がありませんから

そこで成長は止まってしまいます。  

 

若い人のほうがチャレンジしやすいのは

リスクを恐れるどころか知りさえもしてないからです。

 

知らないから前に進めます。

経験が圧倒的に足りてないので

失敗もたくさんするけれども 一歩ずつ一歩ずつ、前に進めるのです。    

 

インターネットではたくさんの情報があります。

 

ネットビジネスでも、たくさんの情報があり

胡散臭かったり、詐欺めいた情報もあれば

非常に有益な情報もあります。

 

どれがいい情報なのかは初心者はなにもわかりません。  

 

百聞は一見にしかずということわざがあるように 情報の真偽は実際にやってみないとわかりません。 

 

情報を聞いたらすぐ行動あるのみ。

失敗してもいいんです。

失敗から多くのことをまなぶことができます。  

 

自分の今の知識量を受け入れましょう。

 

問題なのは今やるのか

 

今やりましょう

 

関連記事

アウトプットの重要性についてはこちらで

暗記するときに意識したい3つのこと

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*