砂糖の種類の違いからわかるセグメントの大切さ

cd4dbf0d9978f5e4790523f4666751d9_s

ある日、アイスを作ろうとしていたときに

砂糖が必要だった。

コーヒーブラック派で、料理でも、みそやしょうゆ、しおぐらいしか

使ったことがないので砂糖を使う機会がまるでなかった。

 

ってことで早速スーパー、コンビニにいってみたが、

上白糖?

グラニュー糖?

角砂糖?

きび砂糖?

角砂糖とかきび砂糖とかは使ったことあるけど 

「これアイスにいれていいの?」

と思った。

アイスをつくるのも初めてなので

なにもかもがわからなかった

そもそも、上白糖やグラニュー糖って砂糖なのか?

 

 

知識不足だった僕がわるいのもあるが

どれをかったらええんじゃー! 

って心のなかで叫んだ。

 

ってことで砂糖の種類を紹介してみる。

 

とはいっても砂糖の種類はたくさんあるので

スーパーにもおいてあるメジャーな砂糖のみの種類を

ピックアップしてみました。

 

・上白糖

砂糖で迷ってるならこれを買え!

ってくらい日本ではメジャーなものが上白糖らしい。

 

アイスにもお菓子づくりにも料理にも使える万能砂糖

 

・グラニュー糖

欧米ではこっちがメジャー

上白糖はしっとりとした甘さに対して

さっぱりとした甘さをかんじる。

コーヒーや紅茶に好まれる。

 

・オリゴ糖

タマネギやゴボウにも含まれている天然調味料で

腸内環境を整える善玉菌を含んでいる。

 

・角砂糖

コーヒーに入れるものと言えばこれ

グラニュー糖を正六面体に加工したもの

 

・きび砂糖

名前のとおりサトウキビからできた砂糖。

精製度が低いもので糖以外の不純物も含まれている。

精製度の高いものが上白糖、グラニュー糖などに変わる。

 

・氷砂糖

 

とにかく砂糖が溶けにくい

この性質を使って

梅酒などの果実酒、シロップ

を作れる。

 

砂糖の種類からみるに

とりあえず上白糖を買っとけば

アイス作りはベターだったことが判明した。

 

砂糖の違いを調べてみて

「なんで上白糖っていうなじみのない名前を

つけているのだろう?」

って疑問に思った。

 

タイトルのつけかたって大事

タイトルがアイス用砂糖だったらぼくは多少高くても買ったであろう

 初めては不安になるし、

失敗したらモチベーションが下がる。

なので、基本的にレシピ通りにつくりたい。

 

マーケティング用語で

セグメントっていう言葉がある。

セグメントとはターゲットを狭めることで

まさにスプーンをセグメントしたものが

アイスクリーム用のスプーンです。

 

スプーンという大きな括りでなく

アイス用のスプーンとして売る。

売る層のターゲットを「食べ物全部」から「アイス」に絞っている。

 

セグメントの利点としては

コアに売りやすい

すくうものをターゲットとしてではなく

カチカチになったアイスをすくうだけのもの

それで売れるのー?

と思われるかもしれませんが

販売して4年ほどたつのに

amazonランキング約1000位

(全部で500万点ほどあるなかでの順位)

とものすごい売れ筋商品になっている。

 

特定のものでもニーズがあれば売れる

ほしい人も少なくなるが、ライバルも減る

大企業なんかは大量販売で

薄利多売のビジネスモデルですから

こうゆうニッチな商品というのは参入しづらい

 

3000円てすんごいたかい。

高いのにランキング高いからすごい。

 

100円ショップでスプーン3つ売ってた

今の時代でも、3000円で売れる。

これがセグメントの効果です。

 

個人で販売していくには

セグメントで戦ったほうがよい。

というのは大企業と戦っても

資金面、名声などで

あらゆる面で

かてそうもないですよね。

 

個人が戦えるようになるには

セグメントのように

ライバルがいない戦場を探す

マーケティングという戦略が必要不可欠である。

 

マーケティングを学びましょう。

 

関連記事

腸内環境の重要性については

体臭を抑える食べ物とは?これを食べるだけで簡単体臭予防

 

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*