【tksm-016】ヨーグルトファクトリーの使い方まとめ

今回は僕がヨーグルトを作りに使っている

 

の使い方について解説していきます。

 

ヨーグルトファクトリーの使い方

1.牛乳にヨーグルトをいれて

かきまぜる。

 

2.牛乳パックをヨーグルトファクトリー

に入れて、電源をつけて

「カスピ海」「プレーン」

のどちらかに合わせる。

 

3.八時間ほどで、

ヨーグルトファクトリーの電源が切れる。

 

4.牛乳が固まり、ちゃんとしたヨーグルトになっています。

まだ中が暖かくなっていますので、冷蔵庫に入れて

保管しておけば、ヨーグルトの出来上がりです。

 

注意点

かき混ぜる際に気を付けたいのが

ヨーグルトは固形だと

均一に混ぜにくい。

なのでドリンクタイプのヨーグルトで作るのがいい。

それと牛乳パックは深さがあるので

 

100円ショップでさいばしを買うか

またはこれ

 

ヨーグルトメーカーは菌を発酵させるものなので、

ヨーグルトと牛乳を

かきまぜるものは必ず煮沸消毒、

自然乾燥してください。

 

混ぜるときに蓋を全開にする際

牛乳パックのフタを閉じるものがほしくなるので

これもセットでおすすめ。

 

一度作ったら牛乳パックだと

奥のほうが取りづらくなってしまう。

タッパー

もしくはヨーグルトパックで

保存しておくことをおすすめします。

 

 

 

関連記事

ヨーグルトがなぜいいのか

腸内環境をよくするのかを解説した記事があるので読んでいない方は

 

体臭を抑える食べ物とは?これを食べるだけで簡単体臭予防

 

 

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*