外注でわかった!教育と伸びる人と伸びない人

最近、ブログを外注して

記事作りをお願いしているのですが

 

今回は外注をやってよかったこと

学んだことを書いてみようと思います。

 

まず一つめは

圧倒的な記事量をかけること。

 

自分の力では一日一記事が精一杯。

記事作りは

ネタ探し

リサーチ

原稿作りと

 

やることが多いので

一日一記事でもしんどい。

集中力が切れるので、継続して書くことが難しい。

 

しかし外注なら雇った分だけできる。

3人雇えればだいたい一日一記事ぐらいは、無理なく書いてくれる。

 

ブログは中身の質はもちろん大事ですが

そもそも記事数をこなしていかないと

なかなかアクセスはのびない。

 

その中で記事量を無理なく増やせるのは

圧倒的なメリットだと思います。

 

ひとつ目のメリットはみなさんも想像できると思います。

外注化することによって得られたメリットは

自分の能力も伸びるということです。

 

なぜのびるのか?

といいますと

これは教えることができるからです。

 

よく受験勉強でも

教える人のほうが成績がよくなるといいますが

それはなぜなのかといいますと

 

理解してないと教えられないからです。

 

「1+1は?」

という問題でも、

 

答えだけをただ暗記しているだけの人と

足し算のルールを知っている人

 

答えは両方2だと知っているけれど

なんで2なのか教えられるのは後者ですよね。

 

教えることはなんでそうなのか

説得させる根拠が必要になってきます。

 

根拠を知っているとその答えの理解度が深まるわけですね。

 

教えることでなんとなく理解してたこと

がわかるようになる。

 

逆に教えられないということは

理解してないということなので

 

自分の理解度っていうものも

体系的にわかるわけです。

教えることが2つめのメリットです。

 

そして3つめ

外注してて学んだことが

伸びる人と伸びないひとが

わかるようになりました。

 

同じ期間で雇っても

能力の上がり方っていうのは

人によって違ってくる。

 

その伸びる人と伸びない人の違いは

コミットするかしないかの違いです。

 

伸びる人は

僕にコミットしてくれて

指示したことを素直に聞いてくれる

 

さらに自分なりに目標を決めてくれて

仕事内容以上のことをしてくれているのです。

 

外注化で依頼した仕事内容の中で

「一記事あたり900文字」

という決まりがあるのですが、

 

900文字以上の

2000文字、3000文字

も書いてくれるんですね。

 

勉強でももちろん

勉強時間が多ければ多いほど

成績が伸びやすいので

 

ブログ記事でも、多い量を書けば書くほど

文章力も上達していきます。

 

という風に考えていくと

伸びる人は伸びるなりの理由が

きちんとあるわけですね。

 

自分のことしか考えないから

読者のことを考えていない

とりあえず文字を埋めればいいや

 

ここまで思っているのはさほどいないと思うのですが

 

日常から自分のことしか考えないと

仕事の態度にも当然あらわれてくる

 

「なんでわたしだけ怒られるの?」

不平等感をもつ

 

実は過去の自分がまさに伸びない人でした。

 

だからバイトで働いても

言われたことしかやってこなかったし、

バイトの時間以外では

「バイトのことかんがえたくねー」

「早く帰りたいなー」

と思っていた。

 

 

そんな考えだった僕が

塾講師で働いてどうなったのか?

その時のエピソードを書いていきます。

 

それは僕が大学生時代のころ

短期バイトはやったことはあったが

 

ちゃんと面接を受けて

働くことを今までやった経験がありませんでした。

 

ちょうど僕といっしょに入った同期がいました。

その同期は初めの授業をやる前に

先輩の授業をみて

初めての授業もきちんと勉強していたそうです。

 

それに対して、僕が準備することといったら

授業が始まる30分から

教材のテキストとテストで

時間を稼ぎ、ごまかしていた。

 

 

他の塾講師の補欠として

代わりに授業をやっていった。

 

大学生のレポートと重ねると

大学を優先して

塾講師の仕事は断ってしまった。

 

そんなことばっかしていたので

塾講師の授業は2、3回ほどで呼ばれなくなった。

 

なぜなのか?

仕事の熱意が足りなかった。

 

足りなかったからこそ

言われたことしかやらない

自分では何もしないのである。

 

社員としては

子供のことを考えて準備してくれる人が欲しい

 

当たり前ですよね

それだから準備も必須

 

 

仕事では最初は損をしよう

 

無駄なサービス残業

前日の準備

これらは無駄な作業だと思われるのかもしれませんが

 

仕事はギブの精神が大切です。

与えること。

与えて与えて与えて

やっと相手は気づいてくれる

 

授業以外にも

他の塾講師を参考に勉強して

事前準備もきっちりとやる。

 

当然その時間の報酬は

ゼロになるのですが

社員の人の評価は変わる。

結果として、授業を増やしてくれる。

 

ブログでもコミットしてくれる人

にアドバイスをどうしてもしたくなる

 

指摘したことをきちんとやってくれるし

素直に聞いてくれるので上達が早い。

 

そうしてもらったほうが

成長もはやいし

ブログも成長できて報酬も増やせる。

 

お互いに良い関係が得られると思う

会社の仕組みも同じですよね。

 

会社に貢献したほうが

給料、役職も高くなる。

 

高くなるには、他の人より

努力が必要です。

 

まずは自分の評価を変えること。

これがお金を稼ぐ近道です。

 

 

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*