マインド

ショウジョウバエと恐怖と行動力

172247

ショウジョウバエというハエを知っていますか?

 

ショウジョウバエというのは台所の

野菜やお肉、魚の生ごみや

アルコール、果物が大好物のハエで

 

台所にいるハエはだいたいこの

ショウジョウバエです。

 

夏の時期になると嫌になるのが

ハエがうじゃうじゃ大量に湧き出てくること。

 

実家ぐらしのときはあまり気にしたことは

なかったんですが

 

最近一人暮らしして初めて気づきました。

生ごみを放置するとどんなことになるのか

その恐怖について語っていきたいと思います。

 

 

一人暮らしをしていた当初は

生ごみを三角コーナーに入れていたんですが

 

放置して1日、2日たつと

コバエがうじゃうじゃわくようになってしまいました。

コバエがいっぱいいると

料理するにも片付けするにしても

邪魔で邪魔でうっとうしい。

 

なんか良い方法ないかなーと思っていて

買ったのがこのゴミ箱

 

これを買って、生ごみをゴミ箱の中に入れてみたら

台所にハエがたまらなくなりました。

 

「よっしゃー

これで一件落着だー」

と思っていたら、

このゴミ箱のせいで

ある恐怖体験をすることになりました。

 

当時ゴミ箱は台所の生ごみ専用の

ゴミ箱にしていました。

 

ゴミ箱はスーパーの中くらいの袋一つ分

の容量がはいるほどの大きさでした。

 

ちょっとずつちょっとずつ

捨てていたのではもったいないなと思い

 

袋の中身が満杯になるまで

捨てないようにしていました。

 

ゴミ箱がたまるまで

5日、10日、20日ほど放置していたころ

 

ゴミ箱付近にある異常なことが起こっていました。

 

そのゴミ箱付近に白ゴマのようなものが大量についていたんです。

「なんだろうこれ」

 

初めてみたときは

食材の残りカスがゴミ箱について

しまったのではないかなー

とあまり気にしなかったのですが

 

放置していくと数も増えてきて

40,50もの数が溜まってきたんです。

 

これはおかしいとおもい

よく見てみると

 

虫の形をしていて

足をバタバタと動かしていたんです。

 

ゴミ箱にたかっていたのはそう

ショウジョウバエの幼虫

だったんです!

 

 

ハエの幼虫だって気が付くと

なんと思わなかったものでも

ぞっとするほど恐ろしいものに変わってしまいました。

 

「数が多いとこんなに気持ち悪いのか」

ゴキブリ一匹よりも気持ちの悪いものでした。

 

スイミーみたいに数が多いと恐怖感も増えることを

実感しました。

 

その日の昼は

幼虫のことを思い出してしまって

ほとんど喉が通らなくなりました。

 

幼虫の存在に気づいた僕は

すぐにゴミ箱の幼虫の駆除にうつった

 

最初は布巾でゴミ箱を拭いて

幼虫退治をしていたが

数が多すぎてぜんぜん拉致があかない。

 

そこでゴミ箱を風呂場に持って行き

シャワーでごっそり

幼虫を洗い流した。

 

みなさんもショウジョウバエの幼虫を

つくらせないために

原因と対策についてまとめます。

 

ショウジョウバエの大好きなものは

上記のように果物、野菜、肉、魚などの

生ごみ、アルコールを好みますので

 

普段アルコールなどを飲む方はしっかり

冷蔵庫に保存しましょう。

 

やっかいなのが生ごみです。

僕がやった最初の失敗のように

三角コーナーで放置するのはやめましょう。

 

基本放置はNGです。

僕の場合一日のうちに必ず

ゴミ箱へ入れる。

さらにゴミ箱付近に幼虫を発生させないように

生ごみをこの袋にいれています。

 

匂いを取り除いて、生ごみは3日程度で可燃ごみに捨てる。

 

これを徹底させています。

おかげで幼虫をわくこともなくなったし

台所にハエがたかることもなくなりました。

 

普段私は掃除が苦手でした。

ついつい他のことをやってしまい

後回し後回ししてしまう。

 

そんな僕でも

すぐに掃除、ハエの駆除することができた。

 

それはなぜか?

僕の中で「恐怖」というものが僕を行動に駆り立てました。

 

そこで学んだことが

恐怖は行動力の原動力であるということ。

 

スパルタ教育というものも

「恐怖心を植え付けて無理やり行動させる」

教育方法です。

 

バスケットボールの先生もスパルタ寄りの先生でした。

特にスポーツなどの部活では厳しい先生がいるパターンが多いです。

厳しい先生がいるチームですと、比較的チームのレベルも高いことが多いです。

スパルタのように恐怖心を植え付ける教育方法をすると

「先生のいうことは絶対だ」

状態に入ります。

 

そうなれば生徒自己流が入らなくなるから

生徒より上達する練習方法を指導することができます。

 

ですので、自己流が入らなくなると

本当にうまい先生に教えてもらうと

上達もはやくなります。

 

勉強もスポーツも稽古も習い事もそう

だからスパルタになる傾向にあります。

 

上達もはやくなる方法なので一見すると良い方法なのだが

その一方でこの方法は相手が正しいと

信じこませてしまう方法なので

思考力を奪っていく。

 

いい先生に教えてもらえれば

教育方法が正しければ正しい方向に向かうが

変な教育をすれば誤った判断をする可能性もある。

 

 

こういったデメリットがあったので

恐怖を植え付けるのはよくないものだと

思い込んでいました。

 

しかし今回のコバエ事件で

 

自ら恐怖をつけさせる

絶望の未来を想像する

 

なにもしなかったら

会社に就職したら

お金が稼げなくなったら

 

その恐怖に打ち勝つために

ブログ書こう

一日を大事にしよう

と行動に移せることができる

メリットに気づきました。

 

みなさんも恐怖を行動の

原動力にしてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

選択と集中の意味と人生の使い道

選択と集中とは

ドラッガーの言葉で

 

会社をどういう方向性にもっていくかという

戦い方、戦略の仕方です。

 

最近はやった

エッセンシャル思考という本でも

言っていることは同じ。

 

意味は

「一つのことに集中すれば

最大の効果が得られる。」

 

 

じゃあどんなものを選択すればいいのかというと

 

 

得意分野です。

 

なぜか得意分野がいいのかというと

苦手なものが普通になっても、他との優れている所が見当たらないからです。

 

 

もし野菜のキャベツを買うとして

いっぱいかごの中にたくさんあるキャベツから一つのキャベツを選ぶのと

見栄えの悪いけど値段の安いキャベツ

 

どっちが買いやすいでしょうか?

 

普通だと他と比べるところがなかったので

たくさんあるなかからとくべつ一個を選ぶのは難しいですよね。

 

それより、見栄えの悪い代わりに値段という

メリットを伸ばしたほうが

数も少なくなるので

お客様は買いやすい。

 

短所は優れた長所があれば

カバーできます。

 

会社の強み、長所に

集中しましょう。

 

それと、一つのことに集中するということは

他の全ての可能性を捨てること。

 

つまり、選択と集中には

捨てる勇気

を持たないといけない。

 

僕の知り合いに

片付けができない人がいるのですが、

 

その人はまさに、

捨てる勇気をもっていません。

 

必要でないものと

必要なものの区別ができていませんでした。

 

僕が「これいらないよ」

といっても

 

「これは絶対将来必要になるからとっておこう」

と聴く耳をもたないわけです。

 

それだけでものは溜まっていきます。

 

物が散らかっていると、

目に見える視覚情報が増えることになるので

余計に目が疲れやすくなります。

 

疲れると作業にも

集中して取り組めなくなりますので、

仕事にも悪影響になってしまうんですよね。

 

片付けができない知り合いも

「つかれたー」

「今日だるい。。。」

といつも言っているわけです。

 

こういうちょっとした環境の変化でも

仕事の質はかわってきます。

 

僕の場合

今使わないものは

本でも、家電でも

さっぱりと捨てるか、売るかしています。

 

おかげで部屋は比較的かたづいていますし

どこだどこだ・・・と

物を探す時間もなくなりましたので

ぜひ取り入れてみることをおすすめします。

 

片付けに関しては

片付けできなくても

仕事はできるので

最悪なくても平気なのだが、

 

問題なのが時間だ。

一日は24時間。

 

無駄なことに時間をさいてたんじゃ

 

金儲けもできないやりたいことができない。

いつまでたっても一円も稼げないんじゃ嫌になってくる。

 

時間はたくさんあるようであっという間

大学にいるときは

時間なんてあっという間に

過ぎた

 

何もしてないと時間の感覚が早い。

 

一年の感覚が

日によって早くなってくる。

そんな風に考えると

1年、5年、10年

とあっという間に過ぎていく

 

そんなときに僕は

「なにをやってたんだろう?」

と後悔したくないと思います。

 

なので時間も

選択と集中だ。

 

 

 

どういう未来を想像しているのか?

未来がわかってたらだらだらしない。

 

アフィリエイトで稼いでいきたい

みんなで幸せを築いていきたい

 

時間、場所、仕事に縛られない

自由な生活をしてみたい

 

このような、でかい目標を達成するために

ブログ記事一日2000文字かくぞ!

をしています。

 

 

会社もなんのためにあるか

どんな未来を歩みたいか考えてみる。

 

お客様のためにあるためのもので

お客様のニーズは時代によってへんかしていく

 

電話というものが、

公衆電話→自宅用電話→携帯電話(ガラケー)→スマホ

へと変化していった。

 

変化するから会社も変わらなければならない

 

今では公衆電話も見なくなって

公衆電話をつくってた会社も

仕事がなくなった。

 

だから、会社とともに成長しない社員は

いらないのである。

 

残酷な話だと思われるかもしれないが

成長しない人は、他人のため

お客様のために

変われないわけだから

 

自分のことしか考えない

自己中心的な人物である。

誰も、自己中な人とは一緒にいたくない。

 

クビにするから

かわいそうではなくて

もっとお客様、他人中心で

物事を考える人が増えて欲しいなと思います。

 

他人中心で考えるようになったら

相手も答えてくれる。

挨拶をされたら

こちらも挨拶してくれるように

善意は返ってきます。

 

人間関係が仲良くならないのはそういう

ちょっとした

自己中心的な行動のせい。

 

この場合は人の面ではなしましたが、

 

行動面でも

やらなければいけないことって実は少ない

 

みんなやったほうがいいものをやっている

 

アフィリエイトで大切なモノはなにか?

仕事で昇進するために必要なものはなにか?

 

仕事に活かすために英会話を勉強する人いるけれど

本当に必要?

 

本当に必要だったら

今すぐに外国に旅だった方がいい

 

英語をしゃべれる人しかいないので

ぜっこうのチャンスだ。

 

しかも日本語が通じないので

英語を使うしかない環境にいる。

 

そう考えると英会話って

勉強の勉強をしているような感じ

 

外国に行って恥をかきたくないから

とりあえず勉強する。

 

英単語だけを覚えていても

永遠に話せることはできない。

 

僕は英会話に通った経験がありまして、

就活をやめて大学院進学が決まった後

大学で英会話スクールがあって

「大学院で就活するときに

必要になるだろうからとっておこう」

という軽い気持ちで入りました。

 

その英会話スクールでは

グループというか二人で組んでお互いに

会話をしたりするのだが

 

控えめだった人僕みたいな人は

完璧な英語を目指して

なかなか喋れなかった。

 

そんな僕にとって英会話に必要なものは

一番は「積極的」になることでした。

 

もちろん会話も重要なんだけど

そもそも会話量が少ないとどうしようもない

 

一授業で交わした

会話はせいぜい4文ほど

のやりとりしかしてなかった。

 

積極的な人はそれこそ

ずっとしゃべりっぱなしで

30文はしゃべってたんじゃないかと

おもうくらいしゃべってました。

 

量だけでも7倍ほど

違うので全然敵わなかった。

 

積極的な人みたいに

しゃべり続けていれば、

たとえ下手な英語でも喋れたかもしれない。

 

そしたら英会話入ってよかったなーと思ったかもしれない。

20万払って微妙な成果しか得られなかった。

 

親に払ってもらったので金銭的被害がないのも原因

甘えてばっかだったなーと

 

実家にいるときは飯もつくってもらったし

洗濯、掃除、大学に行かせてもらったりと

迷惑かけっぱなしで申し訳なくなる。

 

 

親孝行するためにも

お金を稼げるようになりたい。

お金を稼ぐには

自分ももっと成長が必要。

 

成長には

過去の成功体験

無駄なプライド

を捨てなければならない。

 

特にプライド。

これはしょっぺえなーっと

僕が何もなかったときに

特に抱えてた。

 

自分の能力が大したことない人ほど

ちんけなプライドを抱えていきてんだなー

 

プライドは現実をみない

みないんじゃなくてみたくないのか。

 

みたくないから自分の殻に閉じこもる。

そうやって人の意見も聞き入れなくなって

 

自分流で自滅してた。

そんなおろかな自分が恥ずかしいなーっと

 

成功体験と同じことして成功するなら

やってもいいのですが

 

成功体験が邪魔して

新しいことにチャレンジしないのはだめ。

 

選択と集中

についていろいろ語ってみたとおり

 

ビジネス以外でも

人生、英会話、片付け

いろんなところで必須な考え方です。

 

ぜひあなたのビジネスにも

選択と集中を

活かしてみることをおすすめします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

知識の習得方法について、どう活かしていくのかまとめてみた

新しいことを覚えるときに 学んできた知識をどう活かしていくのか、

どうやって学んでいったのかを大系化して書きました。

 

勉強でも、ビジネスでも 新しいことを覚えるには、思えばほとんどこの順番で学んでいました。

こういった順番で学んでいけば

身につかなかった知識も 覚えられるようになりますし

学んだ知識をビジネスにどうやって活かしていくか がわかるようになります。

 

 まず初めにやってもらうことは単語を覚えること

すべては言葉から始まります。

もし、自分が日本語がしゃべれなくなったら、 どうなるでしょうか?

続きを読む

暗記するときに意識したい3つのこと

52102e197631353fe25763a3d9628d59_s

新しいことを勉強するのに

単語を暗記しますよね。

たとえば経済学を学ぶとすると

GPAの意味や、限界効用の意味だったりを覚えますよね。

このように、新しい分野だったり世界を学ぶには、暗記が必要不可欠です。

 

でも覚えよう、覚えようとしても

なかなか記憶に定着していかず

寝たら忘れてしまう。

 

僕もそうでした。

文系の勉強に苦手意識があったんで、理系に進んだんですが、

文系の苦手な理由は暗記が苦手だからでした。

特に年号とか

「1192作ろう鎌倉幕府」

って何度も何度もノートに書いても

次の日たったら

あれ何年だっけ・・・

ってなってました。

 

まるで、勉強をいくらやってもやっても知識がざるのようにでていくような感じでした。

 

 

そんな学生時代に苦労した僕に聞かせたい

暗記するポイントには3つのポイントがあります。

続きを読む

嫌な感情を抑える感情コントロール法

画像作成用

先日、せどりの仕入れの帰り道に とある出来事がありました。  

財布無くしました・・・・

なくした時は本当にショックで・・・

 

気づいたときにはすでに時遅し、

きた道をもどっても、どこにもみつからずじまいでした。  

 

現金はそれほどもってなかったけど

クレジットカード、キャッシュカード、免許証、健康保険証などなど

すべてなくなってしまいました。 続きを読む

何も知らなくていい

画像作成用

 僕は何も知りませんでした。

世の中の仕組み

仕事

経済

健康

 

今では勉強してそこそこの知識はついてるものの

知らないことなんてまだまだたくさんあります。

 

まだまだ若いんだから

健康なんて気にしても

意味ねー

と思っていましたし、

 

何も知らないから 会社に入って、

給料をもらい、 普通の生活を送って生きていくものだと思っていました。  

 

普通の生活を歩むことが自分にとっての幸せ。

 

 

今思えば、普通ってなんだ。

世間一般と同じ生き方をするのが幸せなのかって思うのですが。  

 

大学に行っても知る機会はありませんでした。

学んできたことといえば

車のエンジンの仕組みとか

 

さらに、大学の講義は惰性で受けていたので

身になって覚えた知識なんてほぼゼロに近いです。

 

覚える気がないとすぐ忘れてしまいます。

ちなみに覚えるためにはアウトプットが必要です。

 

だから、勉強してないから引け目を感じたり、 コンプレックスになる必要はありません。

みんな学校で学んだ知識なんて覚えてないほうがおおいのですから。    

それに、知識不足は悪いことだけではありません。

むしろ知識がないほうがいいところもあります。 続きを読む

羽生善治さんが教えてくれたビジネスに役立つ直感力

画像作成用

将棋界で有名な羽生善治さんの本で語られていた直感力がビジネスでも

通用する概念と感じたのでシェアします。  

将棋のパターン数はおよそ10の220乗とおびただしい数のパターンがあります。

棋士と呼ばれる方々は、そのおびただしい数の中から限られた制限時間の中で 最善となる手を選択しています。  

動ける駒すべての手から選択するのではなく、 最善択を多くても2つ、3つに絞り込むのを 瞬時にやるのが、

直感力 なのです。  

じゃあその直感力を鍛えるのにどうしたらいいのかというと 続きを読む

利益は目的にあらず

画像作成用

ビジネスはお金を稼ぐためにやることだと言われることもありますが、

 

「利益は目的にしてはいけない」

とこの本でよく知られているドラッガーさんが書かれていることです。

 

それはなぜなのか

という部分ですが、

お金をいただくのはお客様がいるからです。

 

そのお客様が私達経営者にお金を払ってくれるのは、 それに見合った価値を提供したときである。 続きを読む

元完璧主義者が語る完璧主義のデメリット

画像作成用

ブログをかいているときに なかなか記事がかけない・・・

書いたとしても、何回も何回も書きなおして なかなか記事をかけないという経験はありませんか。

そういう症状のあるかたは完璧主義という罠に陥っています。  

 

僕も昔はそうでした。

こんな記事載せるのは恥ずかしい・・・

もうちょっとライティングの勉強をしてからやろう・・・

と本来は記事を載せて情報を伝えるのが目的だったのに 恥ずかしさをなくすのを目的としてしまい、

本来の目的とすり替えるのを 自己目的化と言います。

 

自己目的化すると、だんだん本来の目的からかけ離れてしまって、 全然意味のないことをしてしまう恐れがあります。

 

最初はクオリティ低くたっていいんです。

まずは行動を起こしましょう。

続きを読む